軟口蓋手術当日

今日手術となりました。

ガァガァと息がつまるあの状態は見るに耐えない。

どうかよくなるように

DSC_5323.jpg


病院に到着

ちょっと震えだす

モモがんばれ

DSC_5324.jpg


いったん病院から自宅へ戻る

14時に病院から連絡が入り

先生から「無事に軟口膏の手術が終わりましたが、喉頭麻痺のようです

詳しくは病院で」と

不安な気持ちで病院へ向かう

病院へついてモモと再会

思ったより元気で一安心

先生から動画で喉頭麻痺の説明を受けました。

どうやら治らない病気らしく呼吸困難になりやすい

術後の様子を見るしかない

フードは今までと同じでいいよと言われたが

喉の事を考えフードをミキサーにかける

DSC_5470.jpg


DSC_5472.jpg


水を入れてドロドロ状態で与えてみた

朝から何も食べてないので完食してくれました。

その後水を飲んだ後や寝て起きた後、嘔吐の連続

術後という事もあるが、まったく良くなっていない

不安でしょうがない


DSC_5328.jpg



スポンサーサイト

術後1週間

ようやくカリカリフードをそのままで食べられるようになっただす
DSC_8040.jpg

手術の時はいたかっただす
DSC_8041.jpg

のどを切られて「ギャー!」と
DSC_8050.jpg

今は呼吸が楽になって ムフフ
DSC_8056.jpg

まだ時々「オェ」となるけど ガンバルだす
DSC_8057.jpg

術後4日目

手術をしてよかったかどうか??

たしかに「ガァガァ」という息遣いはなくなったが、ちょっと歩いても「ハァハァ」は止まらない。

今だ喉の腫れはひいてないのか時々嘔吐き、日に1、2度吐いてしまう。

食欲旺盛なのが唯一の救い

お鍋に細かくしたささみを湯がいてそのままフードプロセッサーで細かくした

ドックフートを入れてひと煮立ち

そのまま冷まして与えてます。

DSC_8032.jpg

はやくなおらないかな~
DSC_8034.jpg

こっちはマイペース
DSC_8035.jpg

軟口蓋術後

モモを預けた午後に手術が始まり、術後先生から連絡が入り

「手術が終わりました。99%問題ないよ」と言われ一安心

1泊病院へ預けて翌朝引取りに

点滴のチューブを外します。

メチャメチャ震えてます。

DSC_8029.jpg

炎症止めの注射をブスッと

DSC_8031.jpg

モモねぇ大丈夫かな??

DSC_8030.jpg

なにより無事で終わった事に一安心

お家に帰ってとりあえず水を飲んでくれました。

病院では一口も水を飲まなかったそうです。

DSC_8696.jpg

お腹は空いてそうですが、カリカリフードをミキサーにかけて与えましたが

DSC_8700.jpg

やはりダメか

まぁ今日は普通痛くて食べられないのが当たり前か

DSC_8702.jpg

ゆっくり休んでください

DSC_8689.jpg

軟口蓋2

いざ病院へ

血液検査と心電図をとる

血液検査異常なし

心電図で問題発生

心房と心室の連動のタイミングが除々に遅くなっていき

心房が収縮しても心室の収縮がおきない「心室収縮の欠如」が判明

簡単にいうと心臓が5回動かなきゃいけないところ4回しか動いていないってこと

先生に、こういう子は長生き出来ないときっぱり言われました。

ショックで目に涙があふれました。

このまま手術をしないで危険な状態を過ごすか、

危険だけど手術をして少しでも楽な呼吸をするか、

瞬時に判断をしなければならない状況

少しでも死の可能性があるが、

お姉ちゃんのペコが突然天国へ行ってしまったことを思うと

手術をお願いするしかありません。

少しでも長生きしてもらいたいです。



プロフィール

ペコチチ

Author:ペコチチ
フレブル モモとマロンのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フレンチブルドッグひろば
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード